Vol.705 令和6年度診療報酬改定まとめ

メディカルタクト

お問合せ

クリニック奮闘記

backnumber

TOP >  クリニック奮闘記 >  Vol.705 令和6年度診療報酬改定まとめ

バックナンバー

2024.06.05

Vol.705 令和6年度診療報酬改定まとめ

令和6年度の診療報酬改定のないようについて、概要をまとめておきます。

国の施策がどの方向に向かっていくのかのメッセージを読み取り、方法性を決めていくことが医療機関には求められていきます。

1. 医療提供体制の強化

ポイント: 地域医療の充実と高度医療の促進

令和6年度の診療報酬改定では、地域医療と高度医療の両立を図るため、医療提供体制の強化が図られました。具体的には、以下の点が挙げられます。

  • 地域医療の支援: 地域包括ケアシステムの推進が強化され、在宅医療や訪問看護の報酬が引き上げられました。これにより、患者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう支援が充実されます。
  • 高度医療の促進: 高度医療機関に対する支援が強化され、専門医療や特殊治療に関する報酬が見直されました。例えば、がん治療や先端医療技術を用いた治療に対する報酬が増加し、これにより高度な治療の提供が促進されます。

2. 予防医療の推進

ポイント: 健康寿命の延伸と医療費削減

予防医療の重要性が高まる中、令和6年度の改定では予防医療に対する報酬が強化されました。具体的な内容は以下の通りです。

  • 予防接種や健康診断の充実: インフルエンザや肺炎球菌の予防接種の報酬が引き上げられました。また、特定健診やがん検診の受診率向上を目指して、これらの検査に対する報酬も見直されました。
  • 生活習慣病の管理: 糖尿病や高血圧といった生活習慣病の予防・管理に関するプログラムが強化され、これに関連する報酬が増額されました。患者が医療機関で定期的にカウンセリングや指導を受けることが奨励されます。

3. ICTの活用促進

ポイント: テレメディスンの推進と医療のデジタル化

ICT(情報通信技術)の進展に伴い、医療分野でもデジタル化が進んでいます。令和6年度の改定では、ICTの活用がさらに推進されました。

  • 遠隔診療の推進: テレメディスンに対する報酬が強化され、特に在宅患者や離島・過疎地における医療アクセスの向上が図られました。これにより、地理的制約を超えて質の高い医療サービスを提供することが可能になります。
  • 電子カルテの普及促進: 電子カルテの導入・運用に関する報酬が引き上げられました。これにより、医療情報の一元管理と共有が進み、患者の診療履歴を一貫して把握することが可能になります。

4. 看護職員の処遇改善

ポイント: 看護師不足の解消と業務負担の軽減

医療現場での看護師不足が深刻化する中、令和6年度の診療報酬改定では看護職員の処遇改善が図られました。

  • 看護師の処遇改善: 看護師の賃金引き上げに関する報酬が増額され、労働環境の改善が推進されました。これにより、看護師の離職防止と新規採用の促進が期待されます。
  • 業務負担の軽減: 看護補助者の導入支援が強化され、看護師の業務負担軽減が図られました。特に、患者の移動や生活支援などの業務を補助者が担うことで、看護師が専門的なケアに専念できるようになります。

5. 持続可能な医療制度の確立

ポイント: 医療財政の安定化と効率化

医療制度の持続可能性を確保するため、令和6年度の診療報酬改定では医療財政の安定化と効率化が重視されました。

  • 医療費の適正化: 不必要な医療行為や過剰診療を抑制するための施策が導入されました。具体的には、診療報酬の適正化や、医療機関の経営透明性の向上が図られました。
  • 効率的な医療提供: 医療機関の連携強化と役割分担が促進され、重複診療の防止や医療資源の最適利用が推進されました。また、医薬品や医療機器の適正使用に関するガイドラインが強化され、これに基づく報酬体系が見直されました。

以上のように、令和6年度の診療報酬改定では、地域医療の充実、高度医療の促進、予防医療の推進、ICTの活用促進、看護職員の処遇改善、持続可能な医療制度の確立が重点的に図られています。これにより、国民の健康増進と医療サービスの質向上が期待されます。

クリニック奮闘記

クリニック奮闘記

本当は知りたい失敗談!!

世の中に成功体験は数多くありますが、苦労話や失敗談を見聞きすることはあまりありません。クリニックの中で実際に起こった、先生方がこれから経験するかもしれないトラブル事例をエッセイ風に読みやすくまとめてみました。
成功ノウハウを真似るのは難しいですが、失敗のリスクを予見し、軽減することでクリニック経営を安定させることができます。本稿では思いがけないトラブルが連発しますが、「他山の石」として実際の経営に活かしてください。

バックナンバー一覧

クリニック専門
コンサルタントに
お気軽にお問合せ下さい

pagetop