Vol.708 令和6年度診療報酬改定における在宅診療点数まとめ

メディカルタクト

お問合せ

クリニック奮闘記

backnumber

TOP >  クリニック奮闘記 >  Vol.708 令和6年度診療報酬改定における在宅診療点数まとめ

バックナンバー

2024.06.07

Vol.708 令和6年度診療報酬改定における在宅診療点数まとめ

令和6年度の診療報酬改定における在宅診療関連の具体的な点数は以下の通りです。

在宅医療情報連携加算

  • 在宅医療情報連携加算: 100点
    ICTを利用して記録を共有する際に算定​

在宅がん患者緊急時医療情報連携指導料

  • 在宅がん患者緊急時医療情報連携指導料: 200点
    在宅で療養する末期がん患者の急変時にICTを活用して情報を共有し、指導を行った場合に算定

往診時医療情報連携加算

  • 往診時医療情報連携加算: 200点
    在支診・在支病以外の保険医療機関が訪問診療を行う際に算定

在宅療養移行加算

  • 在宅療養移行加算1: 316点(改定前は216点)
  • 在宅療養移行加算2: 216点(改定前は116点)
  • 在宅療養移行加算3: 216点(新設)
  • 在宅療養移行加算4: 116点(新設)
    在支診・在支病以外の保険医療機関が行う訪問診療について、24時間対応の体制整備を評価する​

在宅ターミナルケア加算

  • 往診料 在宅ターミナルケア加算: 3,500~6,500点
    死亡日および死亡日前14日以内に退院時共同指導を実施し、訪問診療または往診を行った場合に算定

看取り加算

  • 往診料 看取り加算: 3,000点
    退院時共同指導を実施した上で往診を行い、在宅で患者を看取った場合に算定​

その他

  • 在宅患者訪問診療料のターミナルケア加算
    死亡日および死亡日前14日以内の計15日間に2回以上往診または訪問診療を行った患者、および退院時共同指導を行った患者に対して算定されるように拡大

これらの具体的な点数改定により、在宅医療の質の向上と患者の安全・安心の確保が期待されています。特に、ICTを活用した情報連携の強化や、24時間対応体制の整備は、在宅医療の現場で重要な役割を果たすと考えられます。

クリニック奮闘記

クリニック奮闘記

本当は知りたい失敗談!!

世の中に成功体験は数多くありますが、苦労話や失敗談を見聞きすることはあまりありません。クリニックの中で実際に起こった、先生方がこれから経験するかもしれないトラブル事例をエッセイ風に読みやすくまとめてみました。
成功ノウハウを真似るのは難しいですが、失敗のリスクを予見し、軽減することでクリニック経営を安定させることができます。本稿では思いがけないトラブルが連発しますが、「他山の石」として実際の経営に活かしてください。

バックナンバー一覧

クリニック専門
コンサルタントに
お気軽にお問合せ下さい

pagetop