【クリニック奮闘記】Vol.367 診療報酬改定による施設在宅への影響

メディカルタクト

お問合せ

お知らせ

news&topics

TOP >  お知らせ・トピックス >  【クリニック奮闘記】Vol.367 診療報酬改定による施設在宅への影響

お知らせ・トピックス

  • 2019.05.13

    【クリニック奮闘記】Vol.367 診療報酬改定による施設在宅への影響

    同一建物への訪問診療の診療報酬は、ここ数年の間に厳しく削減され続けています。在宅診療の制度が発足した当時は高い診療報酬につられて、施設への訪問診療に乗り出す医療機関が増えました。この頃の在宅診療は玉石混合でした。医療者側も在宅医療の初心者であったため、全ての患者が"いい医療"を受けられていたかは疑問です。"医療の質"よりも"利益"が優先されていました。そうした状況は、診療報酬の改定(引き下げ)によって、ある程度排除されていきましたが、医療者が"医療を提供し難くなる"現実を生み出してしまいました。本稿では、施設在宅のビジネスモデルを、経営的な観点から今一度、見直していきたいと思います。切り下げられていく診療報酬への対応策を考えてみましょう。

    (購読はこちらから)→ https://medical-takt.com/backnumber/2019/report902.html

    無料コンサルティングレポートのご登録 → https://medical-takt.com/mail.html 

    個別経営相談はこちら → https://medical-takt.com/contact/ 

クリニック奮闘記

クリニック奮闘記

本当は知りたい失敗談!!

世の中に成功体験は数多くありますが、苦労話や失敗談を見聞きすることはあまりありません。クリニックの中で実際に起こった、先生方がこれから経験するかもしれないトラブル事例をエッセイ風に読みやすくまとめてみました。
成功ノウハウを真似るのは難しいですが、失敗のリスクを予見し、軽減することでクリニック経営を安定させることができます。本稿では思いがけないトラブルが連発しますが、「他山の石」として実際の経営に活かしてください。

バックナンバー一覧

クリニック専門
コンサルタントに
お気軽にお問合せ下さい

pagetop