お知らせ・トピックス3ページ目

メディカルタクト

お問合せ

お知らせ

news&topics

TOP >  お知らせ・トピックス

お知らせ・トピックス

  • 2021.04.07

    【クリニック奮闘記】Vol.667 ヒューマンエラーとシステムエラー

    職場では様々なトラブル(失敗)が発生します。重大事故に繋がらない様にとヒヤリハット事例を上司に報告し改善策を講じなければならない・・・というのは誰しも理解しているところではあります。しかし問題の原因が何処にあるのか? を的確に把握していなければ改善策を立てることができません。本稿では、事例をもとに考...詳細はこちら

  • 2021.04.06

    【クリニック奮闘記】Vol.666 これからのクリニック経営を考える

    『クリニックにも経営の概念を!』というのは、弊社の一貫したポリシーであり、これまでにも"クリニック奮闘記"の中でお話しを繰り返してきました。コロナ禍2年目に突入という状況の中、未だに出口は見えていません。未曾有の難局を乗り越えるために、経営者である院長先生がすべきことを考えてみましょう。 https...詳細はこちら

  • 2021.03.24

    【クリニック奮闘記】Vol.665 上手くいかなかったときの考え方

    ものごとは予定通りに進むとは限りません。むしろ、予定通りに進まないことの方が多いでしょう。『上手くいかなかったとき』の結果の評価と改善計画をたてることが重要なことは分かっています。このときに問題(障害)になるのが、当事者の考え方なのです。 https://medical-takt.com/backn...詳細はこちら

  • 2021.03.23

    【クリニック奮闘記】Vol.664 雇用契約と委託契約 ~ 業務の外注化について ~

    本稿では、クリニックのスタッフと、外注業者の立場を法律的な観点から解説していきたと思います。同じ職場で、同じ業務を行っていても、契約形態が異なれば仕事に対する解釈も異なってきます。 https://medical-takt.com/backnumber/...詳細はこちら

  • 2021.03.16

    YouTubeチャンネル開設しました

    弊社のクリニックコンサルに対する基本的な考え方を紹介しております。 タイトルは、4月に出版予定の書籍と同名になっています。書籍の内容については追ってご案内させて頂きま すので、どうぞよろしくお願いいたします。 代表取締役 柳  尚信...詳細はこちら

  • 2021.03.08

    【クリニック奮闘記】Vol.663 介護事業の営業方法

    医療の世界は"営利事業"ではないというのが建前ですから、"営業する"という概念が企業に比べると弱い面があります。営利目的ではないといってみても、事業継続のためには利益(儲け)が必要ですから、『営業』は必須なのです。医療の営業については、これ迄もお話ししてきましたが復習しながら、介護事業についても少し...詳細はこちら

  • 2021.03.04

    【クリニック奮闘記】Vol.662 事業継続のために必要なこと 

    統計データ上、企業の10年生存率は10%程度です。しっかりと経営をしている事業所であってもこの程度なのです。これまでクリニックの場合、恵まれた経営環境にあったこともあり、この統計には当てはまらない業種の一つに数えられていました。しかしこの一年の間に様相は変わり、収入減、利益減に直面しています。 h...詳細はこちら

  • 2021.02.24

    【クリニック奮闘記】Vol.661 スタッフの適正人数

    現在、医業収入が減少により様々な経営問題に直面している院長先生は少ないと思います。クリニックでコントロールできる固定経費のうちで、一番インパクトのあるのは『人件費』です。患者が少なっている中で、ここにメスを入れたいと考えるのは無理もありませんが、そもそもスタッフの適正人数は何人なのでしょうか?本稿で...詳細はこちら

  • 2021.02.10

    【クリニック奮闘記】Vol.660 カルテの保存期間

    Aクリニックでは、引っ越しの際に、倉庫に眠っている書類の整理に追われています。開業して20年を経過していますので、段ボールの数も数え切れません。ここぞとばかりに廃棄しようと思っているのですが、どうやら簡単には捨てられない様です。 (購読はこちら)→ https://medical-takt.com/...詳細はこちら

  • 2021.02.03

    【クリニック奮闘記】Vol. 659 院長は嫌われ役!?

    スタッフの人材教育(人材育成)は経営者の仕事だと言われています。クリニックの経営者である院長先生方もご多聞に漏れず、スタッフ教育は避けて通ることができないテーマの一つであると言えます。いいことばかりではなく、悪いこと(嫌事)も言わなければなりませんが、胸のうちは複雑な思いで溢れています・・・・・。 ...詳細はこちら

クリニック奮闘記

クリニック奮闘記

本当は知りたい失敗談!!

世の中に成功体験は数多くありますが、苦労話や失敗談を見聞きすることはあまりありません。クリニックの中で実際に起こった、先生方がこれから経験するかもしれないトラブル事例をエッセイ風に読みやすくまとめてみました。
成功ノウハウを真似るのは難しいですが、失敗のリスクを予見し、軽減することでクリニック経営を安定させることができます。本稿では思いがけないトラブルが連発しますが、「他山の石」として実際の経営に活かしてください。

バックナンバー一覧

クリニック専門
コンサルタントに
お気軽にお問合せ下さい

pagetop